暮らしのイメージを構築する

間取りなどの家のレイアウト

間取りのイメージは非常に重要ですが、難しいポイントでもあります。おすすめは、住宅展示場などに足を運び実際のイメージを膨らませることです。特に家具のイメージは固めておきましょう。今使っている家具をそ…

more detail >>

どんなエリアに住みたいのか

注文住宅は、まずは土地選びから始めます。暮らしのイメージを具体化していく際には、建物だけでなく住む環境もしっかりと考えたいものです。住居者のライフスタイルや性格に合ったエリアでなければ、住んでから…

more detail >>

自分がイメージする家のデザイン

デザインと間取りのイメージ

注文住宅において、イメージは非常に重要な意味を持ちます。いかに明確なイメージを膨らませられるかが、注文住宅の良し悪しを分けると言っても過言ではありません。例えば、デザインに関してはわかりやすいでしょう。外観をどうしたいのか、洋風和風から色合いに至るまで、施工主のイメージが最も必要な部分でもあります。また、間取りに関しても同様です。特に家具をどう配置したいかは、イメージを大きく左右する問題でしょう。ソファや冷蔵庫、テレビなど、大きめの家具を配置する場合どこに何を起きたいのかを予め考えておくとイメージしやすくなります。また、こうしたイメージは最初にカタログを見て膨らませることで、詳細なイメージを抱きやすくなるでしょう。

自分だけでなく家族の意見も取り入れる

注文住宅でありがちなミスとして、施工主だけが色々と決定してしまい、家族の意見があまり取り入れられていないパターンです。将来一緒に住んでいくにあたって、今だけを考えてイメージを膨らませていては、どこかで不便な思いをしかねません。特に考えたいのが、子供部屋と両親の部屋です。子供が大きくなるに従って、どの部屋を子供部屋として分けていくのか、あるいは夫婦の寝室をどう扱うのか、10年先20年先を見据えて考えなくてはなりません。また、将来老いた両親と住むかもしれないとなった場合に、バリアフリーが考えられていなければ危険性が増してしまいます。このように、間取りは細かい部分まで考えないと失敗しやすいため注意しましょう。

家づくりをどこに依頼するか

ハウスメーカーと工務店の違い

ハウスメーカーはCMなどでも見かける、いわゆる大手施工業者です。誰もが聞いたことのあるような企業名であるため、知名度からくる安心感が最大の特徴でしょう。一方で、工務店は地元密着型であることも多く、…

more detail >>

ハウスメーカーの家づくり

ハウスメーカーで注文住宅を建てるにあたっては、各地で評判が良い会社に積極的に足を運んで、住宅の外観のデザインや間取り、構造などの希望を聞いてもらえるかしっかりと見極めをすることが大切です。また、一…

more detail >>

工務店の家づくり

せっかく注文住宅にするからには、限界まで自分の理想を叶えてもらいたい、というのは多くの施工主の希望でしょう。もし希望する条件が多いのであれば、ハウスメーカーより工務店が適しています。工務店の規模は…

more detail >>

予算内での注文住宅は業者選びも重要

注文住宅は建物を建てる上での基準を満たしつつ、他にはない自分の理想の空間を作る事が出来るため、自分らしさを大切にリラックスした生活を送れます。