どんなエリアに住みたいのか

憧れの家を建てるために。土地探しの重要性

注文住宅は、まずは土地選びから始めます。暮らしのイメージを具体化していく際には、建物だけでなく住む環境もしっかりと考えたいものです。住居者のライフスタイルや性格に合ったエリアでなければ、住んでからストレスを感じてしまいます。近所付き合いが得意かどうか、踏切の音がしても眠れるか、渋滞するエリアではないかなど、調べることはたくさんあります。災害や犯罪に遭わないように、地盤や治安に関してもできる範囲で調べたいものですね。

エリア選びは、実際に自分でその土地に行ってみることも重要です。また、朝と夜でも環境や景色は異なるので、できれば違う時間に訪れておくと安心です。「こんな所に住みたい」というイメージを膨らませるだけでなく、しっかりとその土地の状態を見て決めましょう。

エリア別、住むメリットとデメリット

どんなエリアにも、住むとなるとメリットデメリットがあるものです。それぞれの場所の長短を冷静に考えて、ベストな所を選びましょう。例えば駅前や商業施設が集合しているエリアは、買い物や通学通勤には便利ですが、常に賑やかで住まいとしては落ち着かないかもしれません。静かな場所に住みたいのであれば、閑静な住宅街のほうが合っていると言えます。田舎に家を建てようと考える際も、都会よりは土地が安いですしのんびりとした雰囲気の中で暮らせます。しかしながら、店も少ないですし駅も遠くて都会よりも不便であることは否めません。

住む場所選びは、自分や家族が何に重きを置くのかをはっきりさせることが大切です。候補地のメリットデメリットを箇条書きにしてみると、整理しやすいでしょう。

建売住宅を選ぶ時は設備や室内のレイアウトを確かめ、セキュリティが高くて住みやすくすることがポイントです。