ハウスメーカーと工務店の違い

それぞれのメリットやデメリット

ハウスメーカーはCMなどでも見かける、いわゆる大手施工業者です。誰もが聞いたことのあるような企業名であるため、知名度からくる安心感が最大の特徴でしょう。一方で、工務店は地元密着型であることも多く、地元民以外には知られていないことも多い企業です。知名度では当然ハウスメーカーには及びませんが、地元に関する理解が高いのが利点でしょう。一方で、ハウスメーカーは注文住宅としてはあまり融通が効きません。注文住宅の魅力はその自由度にあるため、ここを抑えられるのは大きなマイナス点でしょう。工務店に関しては、大手ほどしっかりとマニュアルが出来上がっていないことが多く、トラブルなどが発生するリスクも検討せざるを得ません。

自分に向いている施工業者

このように一長一短であるため、具体的にどちらのほうが優れているとは言えませんが、自分が理想とする建築方法に合わせて選ぶことは可能です。例えば、注文住宅を建築したいものの突飛なデザインや間取りにする予定がない場合は、ハウスメーカーのある程度決まった型でも問題ない可能性があります。型が決まっているということは失敗が少ないということでもあるため、ここを押さえておくと理想的な住宅にぐっと近づけるでしょう。一方で、自分の考える理想になるべく付き合ってほしい、融通の利く企業に依頼したい、という場合は工務店が適しています。その分話し合いは長引くかもしれませんが、じっくりと話し合うことで理想を伝えられるのです。